平成の救世主!?

皆さん、たいへんご無沙汰していました、ルチラーでございます。
この9月はとにかく多忙な毎日で、帰宅してからも作業に追われて、
平均睡眠時間もだいたい3、4時間ってところでしょうか。
日々寝不足です・・・とほほ。まぁ何の作業かは軍の秘密ですが。(笑)

そんな日中フラフラなルチラーが、大阪のビジネス街である北浜を
千鳥足で歩いていると(笑)、声を掛けられ、呼び止められました。
「ちょっとすみません。」
振り返って見ると、そこには年の頃50代後半の小太りの男性が。
普段から結構道を尋ねられるので、また道案内かなと思っていると、
おもむろに私の右手首を掴んで、なにやらブツブツ唱え始めました。

「ちょっと、なんですのん!?」 唖然とする私は、思わず彼の手を
振りほどこうとしますが、とにかく凄い力で握りしめられています。
「すぐ済みます。」
30秒ほどで念仏のような、呪文のようなつぶやきは終わりました。
「大変失礼しました。」と詫びながら、一枚の名刺を差し出す彼。
そこには『平成世直し救済隊 関西支部』とありました。

「あなたは現世の救世主の資質があるようにお見受けしました。」
「はぁ!?」 “救世主”って、ど、どういうこと?・・・。
若い時に川で溺れて流されている犬を引き上げたことはありますが、
昨今の非常に厳しい世の中、こっちが助けてもらいたいくらいです。
「とにかく私、そんな大それた人間ではないので。」とこの場を
立ち去ろうとするとひと言、「いずれ近い将来、自覚する時が
間違いなくやってきます。その時は名刺の連絡先に電話下さい。」

なんだか、なんとも言えない不可思議な感覚を持ちました。
もちろん神通力や超能力を持たない私が救世主な訳ありませんが、
日々自分自身のことで精一杯な私に、もっと世のため人のために
尽くしなさいと気付きを与えてくれたような気がしたのです。
世の中のすべての事象に感謝し、生かされていることを悟って、
少しでも社会に貢献できる自分でありたいなと思いました。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。