地球革命 <1>

先日久々に御堂筋沿いの播磨屋本店さん運営の無料喫茶に行きました。
さすがにこのご時世、おかきの無料サービスはすでに終了していましたが、
有難いことにホットコーヒーは今現在もフリーです。

しばし休憩をしていると、ふと片隅に並べられた小冊子に目がいきました。
『人類1万年の悪夢を打ち破る地球革命』・・・むむむぅ、なんだこりゃ。
なぜ、おかき屋さんの店頭にこんなパンフレットが置かれているのか。
またテーブルの上にも、「播磨屋助次郎の緊急警世メッセージ」なる綴りが
これ見よがしに幾つも置かれています。

播磨屋助次郎の緊急警世メッセージ.jpg

どうやら、播磨屋本店の創業者である播磨屋助次郎(本名:阿野拓夫)
さんが、世の中に対して様々な警笛を鳴らしているようなのです。
『地球革命』と称される彼の理念を前書きから引用しました。

英語表記「GLOBEREVOLUTION」は、GLOBE(地球)とREVOLUTION
(革命)を合成した私の造語です。
・・・ゆえに「地球革命」とは、全地球的な、あるいは世界中にまたがる
急激かつ根本的な大変革のことなのです。
・・・何せ人類1万年来のありとあらゆる社会活動を、何もかも全部
ウソっぱちと全否定してしまう、とんでもない超大変革なのだからです。
・・・「地球」が悲鳴を上げているのです。
いえ、もっと正確に伝えなければなりません。
「地球」の堪忍袋の緒が切れかけているのです。
「人類よ、いい加減にしろよ」
「いい加減にしとかんと、人類ことごとく一斉排除してしまうぞ」
私播磨屋助次郎の心耳には、こんな「地球」からの警告が
聞こえて聞こえて仕方がないのです。
だからこそ人類は、火急的速やかに「悪夢」から
目覚めねばならないのです。
今こそ絶対に、「地球革命」が必要であるのです。(一部抜粋)

そして、会社の経営理念である『綱領』もいかにも世直し企業的でした。

我々は世界人類の恒久的平和と、真の幸福実現を心から熱望し
その先達たるべき聖使命を帯ぶ日本民族の人間性並びに文化性の
更なる向上発展に貢献せんという高慢にして無窮なる理想の追求を
久遠至上の経営目的とする。(原文のまま)

なるほど、環境問題に真剣に取り組むこの会社の代表者らしきお言葉。
がしかし、この小冊子を読み進めるうちに、頭の中に?マークが・・・。(続く)
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。