一粒万倍日

先日、「良いお年を。」とご挨拶しましたが、ある人物から
耳寄りな情報を入手したので、急遽更新することにしました。

『一粒万倍日(いちりゅうまんばいび)』ってご存知ですか?
私がよく通り掛かる宝くじ売り場の窓口に、こんな張り紙が
されているのを時おり目にします。

「今日は一粒万倍日です。」

一粒万倍とは、わずか一粒の籾(もみ)が万倍にも実る稲穂
になるという意味で、一粒万倍日は何か新しいことをスタート
するのに最も良い日とされ、特に仕事始めや開業、種まき、
お金の支出、財布を買い替える日に吉であるとされています。

そして、この一粒万倍日が2010年は1月1、2、5日と
続くのです。
しかも、1月1日は30年に1度の満月の元旦、さらには、
2010年は「陰の寅」と呼ばれる60年に1度の財政の年。

そこでやるべきこととしては、31日までに家を綺麗にして、
“種銭”を北東の窓際へ置き、元旦の4時13分に下げる。
それを、1月5日の万倍日に銀行へ預金しに行く。
加えて“枡塩”を31日午前中に玄関先に置けばベスト。

種銭は紙幣だったらそのまま、財布なら黄色い布に包んで
置いておき、枡塩は日本酒をクイっといく小振りな木の枡に
あら塩を7分目程度入れたものを置けばいいそうです。
出来れば紙幣は新札を用意してください。

“万倍”なので、1万円置くだけでなんと1億円に!!(笑)
その効果は新月の2月14日の旧正月に現れるようですよ。
いつも言いますが、こういったことはさしてお金が掛かる
ことではないので、素直に信じて実践されてみてはいかが。
今やれることをやって、最大限に運気を呼び込みましょう。

それでは今度こそ本当に、良いお年をお迎えくださいね。 

光陰矢のごとし

皆さん、たいへんご無沙汰しておりました、ルチラーです。
今年も残すところあとわずか、あっという間の一年、時間の
はかなさ、大切さを年を追うごとに感じてしまいます・・・。

今年は24年に1度の絶好の運気で、素晴らしい一年になる
予定が、意に反して、たいして良くなかったように思います。
まぁ、良し悪しの判断は個人の主観で大きく異なりますが、
念願だった子供が授かったことが何よりも嬉しかったことを
考えると、良い一年だったといえるのかもしれませんね・・・。

今年もたくさんの方と出会い、いろいろな経験をさせて頂き、
本当に有難うございました。
そんなエピソードなどは、後日改めて紹介させて頂きますね。

そんなこんなで、来たる2010年も善行を重ね、運気を高め、
幸せを呼び込んでいきたいと思っています。 頑張るぞ〜っ!

それでは皆さま、良いお年をお迎えください。
また来年、元気に再会できることを願って・・・。   ルチラー

ルチルレインボー.jpg
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。